糖尿病には4つのタイプが存在し症状が違う

自己免疫の重要性

看護師と患者

元来人間が備えて持っている免疫メカニズムを生かした、負担の少ないアプローチ方法として、免疫療法が有効と見なされています。がん治療の最先端である免疫療法の採用に当たって、患者と家族・医師間の同意形成が欠かせません。

もっと見る

癌の治療に良い療法

白衣

樹状細胞療法とは、もともと体内にある樹状細胞を活用して癌をやっつけるという画期的な治療法になります。病院によってそれぞれ治療方針や考え方なども違うので、自分が信頼出来る病院を選ぶことが非常に重要になります。

もっと見る

早期発見で防げる病

屋内

がんは、全身のどの部位にも発生する悪性の腫瘍です。がんは、全身どこへでも転移するという特徴があり、転移すれば根治も難しい傾向があります。しかし、早期発見で完治可能な病なので、咽頭がんをはじめ、各がんになりやすいリスクを知り、自己管理していく事が大切です。

もっと見る

予防可能なタイプが大半

車いす

健康診断による早期発見

糖尿病は大きく分けると4つのタイプに分類することができます。その中で国内の発症者数の90%以上を占めるのが2型糖尿病と言われるタイプです。この2型糖尿病は、病気準備期間と呼ばれる期間を経た後に、本格的な症状を発症することが判明しています。2型糖尿病の病気準備期間に入っているかどうかは、企業で年に1回実施されるような一般的な健康診断の際に測定される「HbA1cの数値」によって発見することができます。そして、仮に病気準備期間に入っていることが判明した場合でも、そこから然るべき予防を行っていくことで本格的な症状の発症を防ぐことができます。従って、2型糖尿病の予防のためには毎年の定期的な健康診断の受診が大切なのです。

大半は生活習慣に起因

糖尿病の4つのタイプの内、2型糖尿病を除く3つのタイプは、先天的なものである場合があります。また、妊娠や病気、及びそのための薬の服用などによって症状が発症する、不可抗力的な要素の強いものもあります。しかし、2型糖尿病は多因子遺伝による家族性という要素があるため、症状が発症しやすいかどうかには遺伝的な要素があります。また、遺伝以外にも肥満や運動不足、食生活の乱れやストレスなどといった生活習慣が原因になるケースもあります。中でも2型糖尿病の大きな要因として考えられているのが肥満です。肥満によって体の中に中性脂肪が蓄えられ、その結果としてインスリンの分泌が妨害されてしまうことで症状が発症してしまうのです。従って、日頃から食生活を中心に運動不足や寝不足に気を付けて、生活習慣を整えることが糖尿病予防の鍵となるのです。

Copyright © 2016 糖尿病には4つのタイプが存在し症状が違う All Rights Reserved.